ESSAYS 
 


ホームページのデザイン

ホームページを作っている時に一番困ったのはどのくらいの画面幅や解像度をターゲットにデザインするかということです。仕事柄画面デザインはとても気になるところですが、作っている環境と見る人の環境が異なれば画面デザインなどしようがないというのが実状です。また、内容上どうしても写真が多くなってしまい、かつ、出来るだけきれいな写真を見てもらいたいという思いがあるのですが、その分表示速度が遅くなってしまうというジレンマもあります。

ところが、ここのLINKのページでも紹介しているDREAMLETSボニー・ピンクのファンのページなどは画像はもちろんアイコンが動いたり音も出たりするにもかかわらず、デザインもきれいで表示も速いのです。前者の作者に聞くとFlashというソフトを使って作っていて、Shockwaveというプラグインが無いと見ることが出来ないそうです。僕はこの時はたまたまShockwaveが入っていたので問題無く見ることが出来ました。

また、別の時に武蔵野市や厚生省のある外郭団体のホームページを見ていたらAcrobatが無いと見ることの出来ないページがあり、僕はAcrobatをダウンロードするのが面倒だったこともあり、かなり興味のあるページではありましたが、結局このページは見ませんでした。

このように見てもらえない危険を覚悟しながらもデザインを優先するか、特殊な技術は極力使わずにローテクで出来るベストを目指すか、悩むところです。皆さんはどうしていらっしゃるのでしょうか。

ちなみにこのホームぺージはNetscape3.0、1024x768(自分自身の環境です)で最もうまく見ることが出来るように設定してあります。

1998/6/21