ESSAYS 
 


■調布まちづくりの会 その3

昨日(9/2)に調布まちづくりの会の全体会が行なわれました。
今回の議題は、一ヶ月前の全体会を受けて各分会で話し合った内容や提案を全体会で再検討するというものでした。内容としては以下のようなところです。

市役所2階にあるまちづくりの会の事務局スペース(ご存知ですか?)の整備
今後の活動費について
広報活動について
会内部での連絡方法について
今後の会の活動方針について
以前にも書きましたが、調布まちづくりの会は都市マスタープランの完成をもって一旦その役割を終了したわけです。その間200名以上の方が何らかの形で関わり、現在の暫定的な名簿ですら140名程度の方の名前が載っています。

まちづくりの会の基本的な考えに、なるべく多くの方にそれぞれにあったレベルで自由に参加してもらおうというのがあり、そのためには名簿というある意味で範囲を限定してしまうものは作り難いという面があります。しかし一方で、誰が会員なのかすらわからないと議案を決定することにも困難が生じます。例えば昨日も20名弱の参加者がありましたが、140名程度のうちの20名弱で大事なことを決めてしまっていいのかということが問題になりました。

そこで何よりもまず、会の体制・方針づくりが急務だと考えられます。そういったことがきちんとしていないと各種の助成金を申請をすることや会費を集めること(検討事項)すら難しいのです。そこでまちづくりの会の再立ち上げという意味で10/7(水)に総会のような集まりを行なうということになりました。今まで何らかの形で参加された方にはその連絡をし、そこで今後の活動方針や体制を決定しようというわけです。

僕自身は都市マスタープラン完成後からの参加なので知らなかったのですが、完成までの2年間まともな連絡網も公式の名簿もひいては議案を決定するルールも無しでやって来れたのは驚きです。調布まちづくりの会がこれからも積極的に調布に関わって行こうとするならば、マイナス面はあるにしても、会としての体制作りをしていかなければならない段階に来ているように感じます。その一方でいかに垣根を低くして、多くの方に気軽に興味をもって参加してもらえる様にするかということも大変重要な課題となります。

今後のまちづくりの会のスケジュールとしては

9/9  16:00〜 事務局スペースの整理
     19:00〜 今後の活動方針や体制の素案づくり
9/16 19:00〜 総会のお知らせの郵送等の作業
10/7        総会
以上全て場所は市役所2階張り出しの所です。興味のある方、是非、ご参加ください。 また、総会の案内や素案等をご入用の方は僕の所までご連絡下さい。

1998/09/03

これはまちづくりの会の公式な文章ではなく文責は筆者にあります。