Q&A    



Q.建設工事契約は?

私たちのような専業の(建設会社に属さない)建築設計事務所の仕事のうち「監理」とは建て主の代理として工事内容が図面と異なっていないかをチェックすることです。ところが私たちが建て主と建設工事契約を結びそれを建設会社に下請けに出すということになりますと純粋な監理者の立場を守れなくなる可能性があります。と言いますのは建設工事で出る利益が設計事務所の利益になり得るからです。

従って建て主と建設会社は建設工事契約を結び、建て主と私たちは設計監理契約を結ぶことになります。