HOUSE KUG





この建物はイラストレーターのアトリエ兼ギャ ラリーを併設した住宅として、最寄り駅まで徒歩 2分という近隣商業地域内ではあるが落ち着いた 裏通りに面した敷地に計画された。
間口6m、奥行き12mの細長い敷地に幅3m、 奥行き10m、計6層のスキップフロアのメイン ボリュームを配置し、それに1階と2階を繋ぐ吹 き抜け空間を接続させた構成となっている。

  1階がアトリエ兼ギャラリー、2・3階が住居で あるが、細長いメインボリュームがスキップフロア であることも相まって吹き抜けや階段を通して1階 から3階までがひとつながりの空間となっている。 しかしそれは、ひとつの大きな吹き抜けを介してで はなく細長い空間が垂直に立ち上がったり折り返し たりしてつながっているため内部空間全体を見通せ る視点はなく、明るさや広さ、床や天井のレベル等の 差異により緩やかに領域分けされた場の連続として 認識される。

このことは内部/内部の関係だけではなく、狭い敷地 でありながら大きく引きをとった玄関へのアプローチ や吹き抜けの縦長の開口部越しに見え隠れする内部 空間、道路に直接面する部分のみ半階分床レベルをあげ 狭い前面道路を行き交う人との視線をずらすなど内部/ 外部の関係にも適応されている。

それぞれの場相互の関係性に応じて境界部分の連続性を コントロールすることにより、空間的・物理的な距離だけ ではなく心理的な距離感の差をもたらし、結果として、 狭小住宅でありながら多様な空間体験を可能にしている。
このようにこの住宅は前面道路も狭く床面積も大きくは 無いが、各境界部分を曖昧かつ多様にすることにより、 十分な拡がりの感じられる住宅となった。



所在地 :神奈川県藤沢市
主要用途:専用住宅

設計監理:TSKアソシエイツ 大塚誠
構造設計:NCN       松岡忠生
施工  :峯村ホーム     大垣明弘

構造  :木質ラーメン構造(SE構法)
     一部RC造
規模  :地上3階 一部2階

敷地面積:70.98 m2
建築面積:38.85 m2
延床面積:89.15 m2 (床下収納含まず)

設計期間:2005年6月〜2005年12月
工事期間:2006年2月〜2006年 7月

外部仕上
 屋根 :シート防水一部塗膜防水
 外壁 :モルタル仕上げ吹き付けタイル
 開口部:アルミサッシ

内部仕上
 床  :木フローリング
     一部モルタルウレタン仕上
 壁  :ビニルクロス
 天井 :ビニルクロス

写真撮影 中川敦玲(左から3枚目のみ大塚誠)